徳地図書館 歴史講座 「高杉晋作と徳地の人々」
-萩から山口、山口から徳地、徳地から富海へ-

元治元年(1864年)の長州藩は、内外ともに動乱の時でした。権力を握った俗論派の椋梨藤太は正義派の粛清を始めます。身の危険を察した高杉晋作は10月25日未明、萩から脱出するのです。

なぜ山口から徳地を目指したのか?
追われる高杉晋作を徳地の人々はどう支えたのか?

奇兵隊の転陣とこれを支えた徳地の人々とを重ねて、徳地幕末維新歴史放談の会代表の山田文雄氏に語っていただきます。

演題 高杉晋作と徳地の人々 -萩から山口、山口から徳地、徳地から富海へ-
講師 山田文雄氏(徳地幕末維新歴史放談の会代表)
日時 平成29年10月8日(日) 10時30分~12時30分
会場 徳地図書館視聴覚室
申込方法 事前申し込みは不要です。当日直接会場にお越しください。
入場料 無料

徳地図書館歴史講演会のご案内 (PDF:184 KB)


問い合わせ

徳地図書館
電話 0835-52-0043
FAX 0835-52-1868
E-mail info@lib-yama.jp