秋穂図書館入館者20万人達成

秋穂図書館は7月1日(月)に開館以来20万人目の入館者を迎え、記念のセレモニーが行われました。

20万人目の来館者となったのは地元秋穂地区の八幡さんご夫婦です。
「秋穂図書館友達の会」の代表や秋穂地域交流センター長、総合支所長、中央図書館の館長らが立ち会う中、祝賀のくす玉を割り、秋穂図書館の西村館長から花束と記念品を受け取られました。
八幡さんは「10日に1回程度利用している。蔵書が多く広々として居心地がよい。20万人目を迎えてうれしい」と話されました。

秋穂図書館は平成22年8月1日に秋穂地域交流センターと併設して建設されました。まもなく開館4周年を迎えます。