中央図書館歴史講演会
「真田一族に見る戦国から江戸への移り変わり」を開催しました。

 中央図書館では、8月21日(日)10時30分から、作家の永冨明郎氏を講師に迎え、「真田一族に見る戦国から江戸への移り変わり」と題した講演会を開催しました。
 講演会では、真田昌幸、信幸、幸村の三代に渡る活躍と一族のその後について、永冨氏が著書「真田の里紀行=真田三代記」を書かれた際の研究の成果などを、史実に基づき、丁寧にご説明いただきました。
 当日は、100名を超える方に足を運んでいただき満席となる中、みなさん熱心に聴講いただきました。





中央図書館歴史講演会チラシ (PDF:274 KB)