小郡図書館 多文化に触れる図書館講座 「中国済南市で過ごした5ヶ月間」


小郡図書館では、2月18日(日)に多文化に触れる図書館講座「中国済南市で過ごした5ヶ月間」を小郡図書館友の会「鉢の子」と共催で開催しました。山口市役所国際交流室職員として平成28年5月から10月まで中国済南市に派遣されていた丸本華代さんを講師に、33名の参加者が楽しく学びました。

山口市の友好都市・中国山東省済南市は、中国の省の中で2番目に人口が多い山東省(約1億人)の省都で人口が約700万人います。講師の丸本さんは、山東省立総合大学の済南大学で語学研修を受けました。

山東省が孔子のふるさとで済南市が「泉の都」であること、最近の済南市は、高層ビル群が立ち並び、都市機能が郊外に広がっている様子が説明されました。
山東料理は、北京宮廷料理の原型とも言われ、もともとの主食はマントウ・麺・水餃子など小麦でした。また、中国の羊肉はとっても美味しく人気です。学生食堂や街の食堂の料理は比較的しょっぱくて油が多いものの、安くて美味しいものでした。

済南大学での語学留学生たちとの学習風景や学生寮での生活など、多文化に触れた5ヶ月を楽しく報告されました。また、休憩時間には中国からのお土産のお菓子も出されて、終始和やかな雰囲気の講座になりました。










問い合わせ

小郡図書館
電話 083-973-0098