中央図書館企画展示
「書を携えよ、町へ出よう-文庫の魅力」


文庫の一番の魅力は、まずそのサイズにあります。小さく、単行本に比べると断然軽い。かばんに入れていてもそれほど邪魔になりません。スキマ時間にさっと取り出して、読むことができます。
また、最近では単行本が文庫化される時に、加筆・修正されたり、短編が追加されたりして、「うれしいおまけ」の楽しみもあります。文庫でしか販売されない本もありますね。
今回は小説以外の様々なジャンルから選んでみました。

「書を捨てよ、町へ出よう」と言ったのは寺山修司だったでしょうか。文庫を持って、町へ出ましょう。


展示期間:平成30年5月20日(日)~平成30年6月10日(日)









問い合わせ

中央図書館
電話 083-901-1040