小郡図書館 開館10周年記念事業 「児童文学作家まはら三桃さんと本について語りませんか」


 小郡図書館では、8月27日(月)に「小郡図書館開館10周年記念事業 児童文学作家まはら三桃さんと本について語りませんか」を開催しました。小学校高学年5名の参加者のほかに27人の見学がありました。
 まず、まはら三桃さんから10代におすすめの本「ペンギン・ハイウェイ」(森見 登美彦∥作)など6冊紹介がありました。ポール ジェニングスの短編集の紹介では「とても書けない物語」から一部朗読もあり、笑いを誘っていました。



 次に、参加者からまはらさんへおすすめの本として「ヒミツの校庭」(吉野 万理子∥作)や「世界から猫が消えたらなら」(川村 元気∥著)などの紹介がありました。
 まはらさんより大人向けおすすめ本として、「ねじまき鳥クロニクル」(村上 春樹∥著)や「ふくわらい」(西 加奈子∥著)など7冊紹介がありました。「ねじまき鳥クロニクル」は作家として原点となる作品だということも聞けました。



 それから、大人の見学者2人にもおすすめ本を紹介してもらいました。また、質問コーナーでは、どうやってタイトルを決めるのか?などたくさん質問もありました。終了後には、紹介のあった本を借りられる方もいて、本の魅力にますます惹かれたイベントになりました。


問い合わせ

小郡図書館
電話 083-973-0098