第三次山口市立図書館サービス計画

第三次山口市立図書館サービス計画の策定について

 市では「第三次山口市立図書館サービス計画」を策定しました。
 図書館を取り巻く社会状況の変化から、図書館に求められる役割も多様化しています。そのような中、「日本一 本を読むまち」の実現に向け、市民生活のあらゆるところで読書に触れる機会が絶えず創出されるよう、基本理念を「いつでもどこでも 本のあるまち どんな時も 身近に役立ち 出会いを大切にする図書館」としました。
 この計画では、平成30年度から平成34年度(2022年度)までの今後5年間で、重点的に取り組む事業として「まちじゅう読書推進プロジェクト」、「蔵書充実プロジェクト」をはじめとする5つの事業を掲げ、取り組んでいきます。

第三次山口市立図書館サービス計画

(平成30年3月策定)

サービス計画(案)に対するパブリックコメントの募集結果

「第三次山口市立図書館サービス計画」については、計画(案)を公表し、パブリックコメントを募集しましたが、ご意見はありませんでした。